なぜ?どうして?かがくのお話についての体験談

私の家庭では、子供が来年小学校に進学することから、進学に際しての本を買い集めております。
そこで私が注目した本については、「なぜ?どうして?かがくのお話」と言う小学生向けのかがくの本を購入しました。

その内容としましては、「あくびはどうしてでるの?」と言うような小学生が体の生理現象や日常の生活の中で化学的に疑問に思うことを解消してくれております。

「あくびはどうして出るの?」と言う内容についてなのですが「ふあー」と思わず出てしまうあくびについて、つかれた時や、夜眠くなった時に、よく、あくびが出ます。

また、ぼんやりしている時などにも、出ますね。

なぜあくびが出るのか、わたしたちの、あたまの中には、「脳」があります。かんがえたり、からだをうごかす、めいれいをするのが脳の仕事です。ねむいときや、ぼんやりしているときは、のうがあまりはたらいていません。

そこで、のうは働きをもとにもどそうとします。のうがしっかりはたらくためには、空気の中の酸素がたくさん必要なのです。

そこでのうは体に、「もっとさんそを入れて!」とめいれいします。すると、大きく口が空いて、たくさんさんそをすいこみます。これが、あくびなのです。

と言うような形で日常過ごす中での人体の不思議なことや生理現象について詳しく解説してくれているのです。

これは、小学生に夜本を読んであげる時等については、非常に有意義な内容であると思います。小学生の思考内容としましては、なぜ?どうして?と言うのがありふれていると思うのです。